VOICE先パイ社員の声

いつも仕事を楽しんでいます。

草野浩一 設計課(2012/4/16入社)

草野浩一前職(機械の加工・組立)の経験が生かせると思い、オガワ機工に入社しました。設計の仕事は営業スタッフと一緒にお客様との打ち合わせに同席するところから始まります。仕事をする上で心掛けているのは、まずお客様の要望は何なのか、しっかり知ること。お客様の要望をふまえ、納期や費用も考慮しながら機械の仕様を考えていきます。加えて、社内での連携を密にし、営業や購買、製造工事課など各部署の意見を集め、設計に生かすようにしています。工程どおりに進んだ時は安堵感を感じますし、製品を納めた後に「評価が高いです」というお客様の声を聞くとやりがいを感じますね。お客様にとってオガワ機工の魅力とは、どんなことを頼んでもNO(ノー)から入らず、どうやったら可能になるのかを考えてもらえるところだと思います。今後の目標としては、協力会社も含め、設計に携わるメンバーのより強固なチームづくりを目指すこと。個人的には新しい技術を学び、能力向上に努めたい。お客様の要望に応えるため、みんなと切磋琢磨しながら、チーム力UP、能力UPを目指したいと思います。

石井祐也 製造工事課(2014/3/17入社)

石井祐也子どもの頃からものづくりや機械を触ることに興味があったというのが、入社の大きな動機です。他業種からの転職で不安もありましたが、先輩が適時アドバイスをくれ、熱心に指導してくれました。そのおかげで今の自分があると感謝しています。その恩を今度は自分が後輩に返していきたいですね。ゼロから組み立ててカタチにし、据付けするまでが私たちの仕事です。工場では成功しても現場でモノがうまく流れないことも。そういう場合は現場で調整し、お客様が満足のいく仕上がりにしています。ゼロから組み立てていったものが完成した時の喜びは大きく、仕事の達成感を感じる瞬間です。会社には営業技術、購買、設計、製造工事などの課がありますが、課の壁がなく、連携が取りやすい。だから迅速な対応が可能です。それがオガワの強みであり、ものづくりの上でも大いにプラスになっています。夢や目標を伝えていけば“チャレンジさせてくれる会社”というのも3年働いて実感していることです。今後、他部署との連携をさらに強めながら、より良い製品づくりに努めたいと思います。