MESSAGEメッセージ

オガワ機工株式会社の「今」を伝えます。

代表取締役社長 伊藤秀典 代表取締役社長伊藤秀典 私たちオガワ機工は、「扱いやすく、力強く、そして美しい機械。」というOGAWAアイデンティティのもと、コンベヤや自動省力機械を創り出し、世に送り出してきました。その歩みは、本年5月で45周年を迎えます。45年の道程を振り返ると様々な出来事があったことは言うまでもなく、たくさんの経験が今日までオガワ機工を生かし続けてくれています。周年の本年、創業からの歴史を振り返り、先輩たちの功績を学ぶと同時に、200年後も歩みを刻むために、新型コロナウイルスの感染拡大で大きく変わった世界と我が国の中でオガワ機工に何ができるのか。コロナ禍だからこそ、オガワ機工は何をすべきなのかを常に考え、実践していきます。弊社のスローガンは、「便利をつくる。ひとつから考える。~「運ぶ」をベースに、機械にできることを共に考えます。~」ですが、「運ぶ」だけに捉われない新たな発想で新しい息吹を送り出していきます。また、新型コロナウイルスの影響で進みつつある我が国のDX。5G回線が整えば、多品種少量瞬時デリバリーがさらに増大し、既存の機械+人間系のシステムでは到底対応できなくなってしまうのは火を見るよりも明らかです。その対応のために、より一層の省人化や機械化が目指され、我が社の有する技術が必ず必要となるはずです。
オガワ機工は45周年の節目の年、次の50周年を見据え、技術力をさらに向上させ、社会の皆様からの高い要求に瞬時に応える体制をしっかりと創造することをお約束します。

著眼高ければ、則ち理を見て岐せず。 目の着け所を高い所に置くならば、道理がみえて、迷うことがない

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

令和3年1月吉日

Team OGAWA